市民はねじを巻く

市民はねじを巻くにようこそ。今日も誰かのねじを静かに巻いています。

資格試験に向けて楽しくモチベーションを上げられる本8選!

IT業界に勤めている人にって、毎年4月と10月といえばIPAの情報処理試験の季節だろう。自己研鑽や転職へ向けたスキルアップのために受験する人も多い。

わたしが務める中堅SIer会社では資格取得手当制度が設けられている高度試験に合格すると結構な額が貰えたりする。 私が過去に受けたITILは、手当が貰えるリストに入っていなかったのだが、合格を会社に報告したら部門の教育費の中から受験料を控除してくれた。

なんでも言ってみるものだね。

まあ、どうせ資格試験を受けるなら、楽しみながらやりたいよねってことで、わたしが実際に読んで勉強のモチベーションが高まった本8冊を紹介したいと思います。

1. 『試験勉強の技術』

2. 『論理思考力をきたえる「読む技術」』 

3. 『「本当の国語力」が驚くほど伸びる本』

4. 『勉強がしたくてたまらなくなる本』 

5. 『これからのエリック・ホッファーのために』

6. 『勉強の哲学』

7. 『自分を鍛える!』

8. 『記憶力を強くする』