市民はねじを巻く

市民はねじを巻くにようこそ。今日も誰かのねじを静かに巻いています。

早起きには実はコツも努力も必要なかったよっていう話

先月くらいから、月額制の『モーニングコールサービス』を使って、朝起きができるようになった。

 

それまでの私は、朝起きがしたいとは思ってはいても、一向に起きることができずにいた。「朝方人間になる本」や「朝起きのノウハウ」のような情報を集めては試し、ことごとく失敗していた。 

 

 

明日から「朝型人間」になる! リバウンドなし!人生が好転する早起きメソッド (SB新書)

いつまでも起きれない、起きれないと嘆いていても一歩も進まない。

それで「もう、いっそ誰かに起こして貰えばいいんじゃないか」と考え、ネットを探してみると個人向けのモーニングコールサービスがあるのを幾つか見つけた。

www.morning-call.jp

nlab.itmedia.co.jp

www.mailtel.net

 

各サービスの料金などまとめは、このサイトを参考にした。

xn--qckg4e8d1b4b7ce.com

 

なるべくなら、人が起こしてくれるサービスがいいなと思って

エリアフレンズというサービスを選んでみた。

 

モーニングコースサービスについて、どんなサービスか紹介すると、

任意の時間、曜日(たとえば平日だけとか、特定の曜日とか)を指定すると、その時間にオペレーターの人が電話をかけてくれて、起こしてくれるというもの。

ホテルや旅館のモーニングコールサービスと全く一緒だ。

で、実際につかってみると、スマホのアラームで起こされるより遥かによかった。

 

朝の目覚め方が違った。

 

もしかすると、人と会話することで、脳が活性化するのかもしれない。まあ、会話といってオペレーターの方に聞かれたことに短く応答すればokだ。

・「おはようございます」

・「目が覚めていますか?」

・「よい1日をお過ごしください」

毎朝かかってくる電話の内容はこんな感じ。

「はい」「大丈夫です」でも成り立つ会話なので、コミュ障の人でも安心だ。


電話で起こされて、ベットから立ち上がり、椅子やソファに座って数分もぼーっとしていれば自然と目が覚めてくる。

例外として、前日疲れすぎていて寝ないと今日一日保たないって日は、無理はしないでそのまま寝ることもある。

いずれにせよ、アラームでは二度寝に倒れてしまうばかりだったけれど

会話で起こして貰うことで、朝目覚められるようになった。

...

早起きを目指しているという人は、朝起きをアウトソーシングしてみると

コスパ良いかもしれない。朝の時間が使えるのは、結構いいもんですね。

...

おまけ。

この動画を見ると、早起きへのモチーベションが上がります。1時間早く起きると、1日って25時間になるらしいです。

www.youtube.com