読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市民はねじを巻く

電子書籍、ガジェット、雑記を中心に書いています。

朝は健康だなんて、あれは嘘

部屋の掃除なんてやる方がいいに決まってる。

洗濯だって、ワイシャツ首の染みとりだってそう。

 

めんどくさい、つかれる、という理由でなかなかやろうとしないことたち。

 

こういう、始めるまではイヤだイヤだと感じることはあっても、控えめに言っても終わってみれば、確実に満足感を約束されていることがある。家事だけじゃなく、勉強や運動もそうかもしれない。

 

でも、たいていはやらずに先延ばしになる。目の前の小さな快楽に踏みつぶされる。

 

こうして毎日の起床は、後悔からはじまるのだ。

 

昨日も掃除をしなかった、と。ああ、また早起きができなかったと。

 

だからこそ、太宰治『女生徒』の

朝は健康だなんて、あれは嘘。朝は灰色。いつもいつも同じ。

 

この言葉は真実だなと思う。少なくとも、いまはそうだ。

女生徒

女生徒