市民はねじを巻く

市民はねじを巻くにようこそ。今日も誰かのねじを静かに巻いています。

海外旅行で持って行かず後悔した4つのこと

f:id:localguchi:20160806142556j:plain

先日、1週間程、アメリカのサンノゼに出張に行きました。

 

サンノゼ訪問は2回目ということもあったのですが、今回は一人訪問ということ、運悪く現地で風邪をひいてしまったことから、振り返るとあったら良かったものを書いていきたいと思います。

[あったら良かったリスト]

  1. 風邪薬
  2. カップラーメン
  3. カーディガン(薄手の上着)
  4. 歯ブラシセット、カミソリ

[そこまで必要なかったものリスト]

 5. 日にち分の下着

 

なんとも庶民的なラインナップです。以下に詳しく書いていきます。


1.風邪薬

これは、私が向こうで風邪をひいたことで気づいたことです。

海外で風邪をひくということは、国内の旅行先で体調を崩すことに比べて、はるかに心細くどうしたら良いか戸惑います。ある程度、英語が話せる人であれば病院に行く事ができると思いますが、慣れない人は自力でなんとかするしかありません。

 

たまたまかもしれませんが、私の滞在したホテルの近くには大きなスーパーはありましたが、ドラッグストアはありませんでした。仮にドラッグストアがあったとしても、慣れない異国の地で、知らない薬を買うのは勇気がいりますよね。そのため、荷物にもなりませんし、風邪薬は1週間分くらい持っていくと良いと思いました!

 

2.カップラーメン

個人の経験則ですが、日本ほど24H営業のお店がなかったように見受けられました。夜中にお腹が空いた時や飛行機での長旅に疲れた初日(さらに時差ぼけもしているでしょう)は、手軽に食べられるものがあると助かっただろうなと思いました。

 

3.カーディガン(薄手の上着)

暑い時期の話です。海外、特にアメリカかな?現地の方にも聞いたのですが、ビル内の冷房の効き方は異常。まるで冷房機器の性能を試しているかのように、これでもかと冷さしています。ひとことでいえば、寒いです。

日本でも電車内でガンガン冷房をかけているところもあると思いますが、基本的に建物のなかがあの状態です。一つの建物のなかに長く滞在する予定のある人は、薄手の上着があると快適に過ごせるかと思います!

 

4.歯ブラシセット、カミソリ

これ、私的には意外だったのですが、ホテルのアメニティーにないことが多いようです。日本の旅館だと、揃っているイメージですよね。特に歯ブラシは、当然あると思っていました。

もちろん、現地のスーパーマーケットで、両方揃えて$3くらいです。そこで買えるならいいや、と思う人は無理に持っていく必要はないと思いますが、私はわざわざ消耗品を買うくらいなら、自宅にあるものを持っていきたいタイプなので、次回からは持っていきたいと思います。

 

5.日にち分の下着

私のトランクケースのなかの大半は、下着類で占領されていました。出国前にユニクロにより、わざわざ不足分の下着まで買い揃えました。少々の痛手です。

いざ現地(ホテル)について知ったのですが、大抵のホテルにはコインランドリーがあります。$2〜$3です、乾燥機もついています。私が宿泊したホテルでは洗濯機、乾燥機共に無料でした。ここを利用すれば、トランクケースに無理して詰め込む必要はありません。

 

利用する際は、多少の混み合いもあると思うので、朝の時間に使うのが良いと思います。スーパーにある洗剤は、何が洗剤で何が漂白剤かを判断するのに悩むことになったので、日本から固形洗剤を持っていくのがジャスティスだと思いました。

 


まとめ

備えあれば憂いなしと言いますが、何度目かの海外旅行であれば助かるものについて紹介しました。慣れると必要最低限の装備で済まそうとしがちになりますが、ある程度は遭遇シーンを想定した準備をすることが良いのかもしれません。