市民はねじを巻く

市民はねじを巻くにようこそ。今日も誰かのねじを静かに巻いています。

書籍

シャワー派を卒業すれば代謝up! 入浴で得られる効果まとめ

『Tarzan』 2017年10月12月号の特集は「代謝力」について。ヨガやピラティスを続けている自分にとって、代謝は常に意識しているhotワードだったりする。 Tarzan (ターザン) 2017年 10月12日号 No.727 [上げろ! 「代謝力」] [雑誌] 出版社/メーカー: マガジ…

一生使える「独学力」を身につけてくれるオススメ書籍14選

週刊誌、あまり読むタイプじゃないんですが、特集に惹かれて購入しちゃいました。 『週刊ダイヤモンド』 独学特集。 週刊ダイヤモンド 2017年 10/7 号 [雑誌] (これなら続けられる! 「独学力」) 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/10/02 メディ…

「強み」は「弱み」と組み合わせると最強! というか人生の質を高める武器となる

強みを知るために、ストレングスファインダーが有効という記事を書いた。 www.citi-nejimaki.info ストレングスファインダーで強み診断をして1年以上経過したんだけど、なんだろう。強みを活かすために少しは動いてはいるものの、上手くいっていない。 そこ…

自分の強みを発掘!『ストレングスファインダー』自己分析に役立つ強み診断ツール

色んなブログで紹介されている書籍『ストレングスファインダー』

資格試験に向けて楽しくモチベーションを上げられる本8選!

IT業界に勤めている人にって、毎年4月と10月といえばIPAの情報処理試験の季節だろう。自己研鑽や転職へ向けたスキルアップのために受験する人も多い。 わたしが務める中堅SIer会社では資格取得手当制度が設けられている高度試験に合格すると結構な額が貰えた…

【読書感想】ヘンリー・ジェイムズ 『ねじの回転』

ヘンリー・ジェイムズ『ねじの回転』。ホラー文学の傑作と謳われる名著。 光文社版をkindleで読んだ。望月通陽さんのイラストは相変わらず素敵。 ねじの回転 (光文社古典新訳文庫) 作者: ジェイムズ 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2013/12/20 メディア: K…

他者を容易に受け入れる人の本質

「本質的には自分のことにしか興味が持てない人間なんだよ。傲慢か傲慢じゃないかの差こそあれね。自分が何を考え、自分が何を感じ、自分がどう行動するか、そういうことしか興味が持てないんだよ。だから自分と他人とをきりはなしてものを考えることが出来…

村上春樹 作品タイトルをラノベっぽくしてみた

村上春樹の「騎士団長殺し」がラノベっぽいとネットで話題になっていた。 rocketnews24.com なるほど、じゃあいままでの作品もラノベっぽくしたくなったので、ラノベっぽくしてみた。

村上春樹 | 初心者にオススメ小説7選!

村上春樹の作品は、読書をあまりしない人には長くて難しいと言われていたり、独特の 癖があると1部では敬遠されているらしい。 人によっては、最初の1冊が長編で途中で挫折したとか、デビュー作である『風の歌を聴け』から読んで、あまりの自由さに置いてけ…

「涼宮ハルヒの憂鬱」| 長門有希の100冊から1冊紹介 『暗号解読』

以前、長門有希の100冊という本のリストをご紹介した。 iwahunerobo.hateblo.jp この中から、オススメの1冊を紹介したいと思う。 今回紹介するのは、『暗号読解』。

【読書好き必見!】角川書店 長門有希のベスト本100冊をまとめて紹介するよ!

私は、本を読むのが好きで、いつも鞄の中には、何冊かの本を入れて、空き時間を見つけては読書をしている。小説はまとまった時間を作って読むことが多い。 じゃあ、その読んでいる本はどこから見つけてくるのよ?と聞かれることがある。 見つけ方はいろいろ…