市民はねじを巻く

市民はねじを巻くにようこそ。今日も誰かのねじを静かに巻いています

2016-12-17から1日間の記事一覧

趣味としての小説模写 | 題材『ねじまき鳥クロニクル』

タイトルの通り、村上春樹の『ねじまき鳥クロニクル』の小説模写をはじめた。 この本は、1冊1章の構成で全部で3章あり、 わたしは、この本を全章を通して通算5回以上は読み返していると思う。 何度も何度も読み返しているうちに、もういっそ全て書いてみたい…

「涼宮ハルヒの憂鬱」| 長門有希の100冊から1冊紹介 『暗号解読』

以前、長門有希の100冊という本のリストをご紹介した。 iwahunerobo.hateblo.jp この中から、オススメの1冊を紹介したいと思う。 今回紹介するのは、『暗号読解』。